学校紹介   伊豆市立湯ヶ島小学校

校舎

 現在の校舎は、昭和45年に建てられたものですが3階建てで日当たりが良いです。
 学校の標高は、218mの所にあり、冬には積雪することもあります。
 後ろの小高い丘は、さくらの里公園になっていて、生活科・理科の授業で子ども達がよく登ります。
 校舎の前に生えている桜の木は山桜で、4月にはきれいな白い花を咲かせます。
 

文学の香り
 文豪井上靖氏の母校として知られています。
井上氏は大正3年から大正9年まで小学校時代を湯ケ島で過ごしました。自伝的小説「しろばんば」には当時の湯ケ島地区や小学校の様子が詳しく描かれています。写真は、「洪作少年とおぬい婆さん」の像で
正門前の庭に建てられています。

お話玉手箱

 毎週、木曜日の朝8:00〜8:15の15分間、地域ボランティアの方が、絵本等の読み聞かせをしてくださっています。