その頃の、と言っても大正四、五年のことで、今から四十数年前のことだが、夕方になると、決まって村の子供たちは口々に ゛しろばんば、しろばんば゛と叫びながら、家の前の街道をあっちに走ったり、こっちに走ったりしながら夕闇のたちこめ始めた空間を綿屑でも舞っているように浮遊している白い小さな生きものを追いかけて遊んだ。

  素手でそれを掴み取ろうとして飛び上がったり、ひばの小枝を折ったものを手にして、その葉にしろばんばを引っかけようとして、その小枝を空中に振り廻したりした。

  しろばんばというのは、゛白い老婆゛ということなのであろう。子供達はそれがどこからやって来るか知らなかったが、夕方になると、その白い虫がどこからともなく現れて来ることを、さして不審にもおもっていなかった。

                   (井上 靖著 「しろばんば」 冒頭より)
■井上靖・しろばんばの碑
 井上靖先生は多感な子供時代をここ天城湯ケ島町湯ヶ島で過ごしました。その頃の思い出を描いた自伝的小説が名作「しろばんば」。ちなみにしろばんばとは、天城の子供たちがそう呼び慣らす、夕方に白い綿毛をつけて飛ぶ虫のこと。しろばんばの碑には小説の冒頭部分が刻まれて、井上先生の生家跡(湯ヶ島小学校の裏手)に静かに建っています。
左 井上先生詩碑
  下が原文(湯ヶ島小学校蔵)
右 湯ヶ島小学校玄関前に設置
  された『しろばんば』のブロン
  ズ像
下 洪作がおぬいばぁーさんと暮
  らした土蔵

  
 本校では、井上靖先生

 コーナーとして展示室を

 設け貴重な資料を展示

 している。


井上先生の通った当時の湯ヶ島尋常高等小学校